Life / ライフ

ヨーロッパやアメリカなどの家庭では、階段やリビングの壁などに、折に触れて撮影した家族写真やポートレート写真がきれいに額装して飾られていることは、珍しくありません。

その時々の素敵な姿を写真に残しておこうという文化があるのでしょうね。
では、日本ではどうでしょうか? 

うーん。あまり見かけないように思うのです。


人生の節目に、『今』を生きる自分の姿を写真に残しておくことは、

自分の生きた証となり、とても素晴らしいことだと思います。


私はこれを「ライフフォト」と呼んでとても大事にしています。

もちろん、この撮影を生前遺影として依頼する方もおられます。

たしかにこの撮影は、いずれ必ずその役目も果たすことになりますが、
この写真の持つ意味はそこだけにとどまらず、今生きることに関わるものだと思います。

今生きているあなたご自身が、素敵な形で写真に残るからです。それはきっとあなたの「生きる力」になることでしょう。

ライフフォトを依頼される方は年配の方だけではなく、若い方もいらっしゃいます。

大好きな場所で、あなたの『今』という大切な一瞬を、残してみませんか。